特定健診・特定保健指導

平成20年度から生活習慣病の予防及び重症化を防ぐため、メタボリックシンドロームに着目した特定健診・特定保健指導が開始されました。 健診の結果、生活習慣病の発症の危険がある方は、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を受けていただく必要があります。 当センターでは、特定健診・特定保健指導を積極的に受け入れ実施しています。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは

メタボリックシンドロームとは、内臓に蓄積された脂肪により、様々な病気が引き起こされやすくなった状態のことを 指します。 近年、脳梗塞や心筋梗塞で亡くなる方が増えていますが、メタボリックシンドロームはこれらの病気の原因である動脈硬化を引き起こしやすいと言われており、結果的に様々な病気に結びついてしまうのです。

特定健診(各健保組合・共済・国保からの依頼で実施します)

基本的な検診項目
  • 質問項目
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
  • 血圧測定
  • 血液化学検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 肝機能(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP)
  • 血糖検査(空腹時血糖又はHbA1c検査)
  • 尿検査(尿糖、尿蛋白)
詳細な検診項目 医師が必要と判断した場合に選択的に受ける詳細な健診
  • 心電図
  • 眼底検査
  • 貧血検査
保健指導情報提供レベルの保健指導

特定保健指導

特定保健指導には、【動機づけ支援】と【積極的支援】の2種類があります。

動機づけ支援

保健師による個別支援を行います。
初回面談後、生活習慣改善に取り組んでいただき、6ヶ月後に面談・電話・メールなどで状況の確認・評価を行います。

積極的支援

保健師による個別支援を行い、初回面談から6ヶ月間、面談や電話・メール等で継続的に支援します。

ご自身の健康状態の確認と生活習慣の振り返りをして、改善につなげることでより良い生活習慣を継続できるように、ともに考え支援することを目指します。
当センターでは、両支援レベルともに、初回面談では管理栄養士による栄養指導を受けていただきます。