通所リハビリテーション部門

  • コンセプト
  • 脳卒中・脳神経リハセンター
  • 整形外科リハセンター
  • 内部疾患リハセンター
  • 回復期リハセンター
  • 救急リハセンター
  • 訪問
  • 通所
  • 相澤東病院リハビリテーション

相澤病院リハビリテーション「歩み」の取り組み

「その人らしさ」「その人らしい生活」を実現するリハビリテーション

機能を回復する訓練に留まらず、日常生活や家事動作などの「活動」や地域の中へ「参加」できるように生活機能全般が向上するようバランスのとれた生活期のリハビリテーションを行います。

時間は3~4時間という短い時間帯であり、入浴・食事などのサービスは含みません。利用者それぞれの生活状況やニーズに応じ、アセスメントに基づいた目標を設定し多職種が協働して通所リハビリテーションを計画しサービスを提供しています。

ご利用者様の意向を確認し、現在の身体能力をふまえて、ご利用者様とスタッフでリハビリテーションの目標を設定しています。

リハセラピストが利用者の受け入れから対応

新規利用者の依頼、相談の時点からリハセラピストが窓口となり、利用開始前には自宅へ訪問し、利用者・ご家族のニーズの把握、実際の生活状況を確認します。利用開始後の担当者会議へも積極的に参加し、関連事業所への情報提供を行っています。

通所リハビリテーション事業所

  • 通所リハビリテーション「歩み」(松本地区)
  • 通所リハビリテーション塩尻(塩尻地区)

ページ先頭へ