救急リハ科

  • コンセプト
  • 脳卒中・脳神経リハ科
  • 整形外科リハ科
  • 内部疾患リハ科
  • 回復期リハ科
  • 救急リハ科
  • 訪問リハ科
  • 通所
  • 相澤東病院リハビリテーション
早期リハビリテーション

救急リハ科の取り組み

集中ケア病棟で始めるリハビリテーション

重篤な疾患を有する方や、外科・心臓血管外科手術後など厳密な全身管理が必要な方は、 集中ケア病棟(HCU・ECU)へ入院となります。人工呼吸器などの生命維持装置が装着されるとベッドでの安静が余儀なくされ、身体・精神機能に関する合併症を生じる可能性が高くなると言われています。救急リハ科では集中ケア病棟に理学療法士を常駐させ、医師と 協議の上、早期から安全で効果的なリハビリテーションの提供を目指しています。

救急外来(ER)で始めるリハビリテーション

当院救急リハ科の特徴として、救急外来(ER)に理学療法士を専任配置し活動しています。受診された方が帰宅後も安心して生活できるよう、医師と協議しながら主に骨・筋・関節疾患を有する方に対し理学療法を実施しています。徒手や物理療法を用いて患部や痛みへの対処、生活上の工夫や注意点等の説明を行っております。

胸部・腹部外科術前後に始めるリハビリテーション

外科の周術期(手術前後)には、各種合併症を生じる危険があります。また、手術後には痛みや点滴治療などから活動量が低下し、体力や筋力が低下しやすくなります。

救急リハ科では、手術前から専門機器を用いた身体機能評価を行い、術翌日から集中ケア病棟での早期離床援助や入院中の適切な運動指導につなげ、患者さんが安心して自宅退院できるよう支援しております。

各種認定取得者が行う専門的リハビリテーション

救急リハ科では下記のような認定を受けたスタッフが多く在籍しており、専門的な視点をもったリハビリテーションを心がけています。

また、部署として認定取得に向けたサポートもしています。

  • 3学会認定呼吸療法認定士
  • 心臓リハビリテーション指導士(日本心臓リハビリテーション学会)
  • 認定理学療法士(日本理学療法士協会)
  • AHA ACLSプロバイダー
  • AHA BLSインストラクター・プロバイダー
  • FCCSプロバイダー(日本集中治療教育研究会)
  • がんのリハビリテーション研修 修了

対外的活動報告

学会発表
谷内耕平RST(呼吸サポートチーム)による病棟訪問型スキルチェックの取り組み
~閉鎖式吸引手技を実施しての考察~
第59回全日本病院学会 2017 金沢
谷内耕平高齢者の高エネルギー多発外傷に対しICU内からの理学療法を行い
在宅復帰し得た一症例
リハビリテーション・ケア合同研究大会 2017 久留米
谷内耕平閉鎖式気管吸引手技に関する当院での意識調査
第12回 医療の質・安全学会  2017  幕張
谷内耕平挿管下人工呼吸器管理を要したICU患者に対する理学療法介入と効果
~ICU専任理学療法士配置前後での比較~
第68回 日本病院学会  2018 金沢
千葉修平救命救急センターでの理学療法士の配置-高齢の腰背部痛患者の現状と課題-
第21回 日本臨床救急医学会学術集会 2018 名古屋
徳永麻衣急性大動脈解離術後に不全麻痺を呈した一症例
~急性期理学療法の経験~
第48回 長野県理学療法学術大会 2019 上田市
松本佳那子消化器がん患者の周術期における体重減少に関わる因子の検討
第48回 長野県理学療法学術大会 2019 上田市
谷内耕平救急外来における理学療法実施患者の帰宅要因の検討
第69回 日本病院学会 2019 札幌
杉山絵美乳がん術後の外来リハビリテーションの効果的な介入方法について
第16回日本乳癌学会中部地方会 2019 名古屋
講演
大見朋哲日本心脏康复与相泽医院关于康复的努力.
康复技能与创新大赛暨康复医学新进展高峰论坛 2018 北京市
大見朋哲日本心脏康复与相泽医院关于康复的努力.
首届北京丰台区康复治疗新技术新进展论坛 2018 北京市
大見朋哲呼吸康复手技-气道清洁-.
2018滨海脏器(心、肺、肾)康复论坛,2018 天津市
大見朋哲呼吸康复手技-气道清洁-.
中关村血液净化诊疗技术创新联盟 肾康复专业委员会成立大会
暨肾康复理论与实践学术论坛 2018 北京市
谷内耕平フィジカルアセスメントからの排痰呼吸リハ
第16回人工呼吸器安全対策セミナー 2019 松本市
鳥山貴大今さら聞けない移動移乗の介助の基本~理学療法士の視点から~
相澤・相澤東リハビリテーション研修会 2019 松本市
谷内耕平呼吸リハビリテーションの基礎知識から臨床応用
北京汉琨中医院 2019 北京市
教育
大見朋哲信州リハビリテーション専門学校非常勤講師 運動療法学Ⅳ
執筆
谷内耕平呼吸サポートチームによる閉鎖式吸引スキルチェックの取り組み
-病棟訪問型で行うことでの効果-、
全日本病院協会雑誌第29巻1号、2018
大見朋哲救命救急センターで理学療法士に求められる基礎知識-多発外傷の場合-
理学療法36(5),2019

スタッフの声

理学療法士5年目

当部署では、救急車やwalk inで救急外来を受診された患者さんや、集中ケアや急性期病棟に入院された患者さんのリハビリテーションを行っています。

様々な分野の理学療法を担当し、患者さんの状態変化が速いため、知識や技術が必要となり大変ですが、日々とても刺激的で勉強になり、経験を積める部署です。

早期リハビリテーションの実際や変化の速い患者さんの状態に対するマネジメント、他職種との関わりなど学びたい方はぜひ一緒に働きませんか。

ページ先頭へ