内部疾患リハ科

  • コンセプト
  • 脳卒中・脳神経リハ科
  • 整形外科リハ科
  • 内部疾患リハ科
  • 回復期リハ科
  • 救急リハ科
  • 訪問リハ科
  • 通所
  • 相澤東病院リハビリテーション

内部障害に対するリハビリテーションの取り組み

入院早期からの積極的リハビリテーション

長年、リハビリテーションは身体機能障害を対象に行われてきましたが、近年は内部障害(心臓機能障害,腎臓機能障害,肝臓機能障害,呼吸機能障害,膀胱・直腸機能障害,小腸機能障害,ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害)に罹患する患者数の急増に伴い、そのリハビリテーションの需要が増しています。これらの内部障害リハビリテーションによって、単に日常生活の再獲得や社会復帰を獲得するだけではなく、病態改善、再発予防、新規発症予防、生命予後の改善効果等、治療と同等の効果が得られることが知られるようになっています。また高齢化に伴い、重複障害を有する患者に対するリハビリテーションにおいても、その役割は大きく今後も更なる発展が望まれています。

当部門では上述した内部疾患で入院された患者様に対し、積極的なリハビリテーションを提供しています。内科病棟を担当する専属のリハセラピストが、入院早期の段階から、病棟でのリハビリテーションを実施しています。心臓リハビリテーション指導士、呼吸療法認定士、糖尿病療養指導士など、内部障害系の専門資格を有するセラピストが多数在籍し、専門的なリハビリテーションを展開しています。

心臓・大血管リハビリテーション

近年、適切な心臓・大血管リハビリテーションの継続によって体力増進だけでなく、病態改善から生活の質向上まで、諸々の良好な効果が得られることが知られるようになりました。当院では様々な心疾患や大動脈疾患の方を対象として、入院早期より多職種による包括的な心臓・大血管リハビリテーションを提供しています。また、その効果を高めるために、必要に応じて退院後にも外来診療時に継続的な心臓・大血管リハビリテーションを提供いたします。

包括的心臓リハビリテーションの実践その一

検査科と協力して運動負荷試験(体力テスト)を行い、日常生活を安心して送れるかどうかの判断をします。

包括的心臓リハビリテーションの実践その二

再発予防に向けて、正しい知識の元に適切な行動を取れるように援助を致します。

包括的心臓リハビリテーションの実践その三

病院の中で最も景色の良い運動療法室で、体力をつけて社会復帰に備えます。

呼吸リハビリテーション

様々な肺炎やCOPD急性増悪などの呼吸器疾患患者様に対し、内科的治療と並行して入院早期からの呼吸リハビリテーションを実施しています。
人工呼吸器療法やNPPV(非侵襲的陽圧換気療法)療法が実施されている場合も、十分なリスク管理下でのリハビリテーションを行います。呼吸リハビリテーションに関わるセラピストは、各種検査データや臨床的理学所見の評価に加え、運動耐容能評価(6分間歩行試験など)、ADL評価(NRADLなど)、心理・QOL評価(HADS、SGRQなど)を行い、総合的に病態を評価し、その患者様に合った効果的な治療プログラムを立案し、実践しています。
また、退院に向けて、運動処方や生活指導(在宅酸素療法等の指導を含む)を行います。

糖尿病の療養支援

内部障害患者様の包括的リハビリテーションの関わりとして糖尿病患者さんの療養指導を提供しています。血糖管理不良の患者様や生活習慣に起因している高血圧や脂質異常症のある患者様に対して糖尿病を専門としたセラピスト「糖尿病療養指導士」が中心となって教育を担当しています。糖尿病教育入院では運動療法教育を実施しています。対象となる患者さんのHbA1cの平均値 は、10.1%とコントロール不良の方が多いため、運動療法の継続が患者さんのQOLの維持や再発予防に対して非常に有効であると考えています。

嚥下障害に対する摂食機能療法

嚥下障害の患者様に対して入院直後から介入することで、誤嚥性肺炎発症の予防を図り、より早期から経口摂取獲得を目指しています。また、術後の経口摂取評価・訓練にも携わっています。必要に応じて歯科口腔外科医師と共に嚥下造影(VF)検査等を行い、経口摂取獲得を目指しています。

ページ先頭へ