整形外科リハ科

  • コンセプト
  • 脳卒中・脳神経リハ科
  • 整形外科リハ科
  • 内部疾患リハ科
  • 回復期リハ科
  • 救急リハ科
  • 訪問リハ科
  • 通所
  • 相澤東病院リハビリテーション

整形外科リハビリテーションの取り組み

整形外科リハセンターでは、整形外科疾患にて入院された患者さんに対し、入院直後から積極的なリハビリテーションを実施しています。

併せて、外来リハビリテーションも充実させることで、最善の医療を患者さんに提供できるよう努めています。

入院翌日から365日のリハビリテーション

入院患者さんに対しては、早期回復を目指すべく入院早期から365日休むことなくリハビリテーションを提供しています。

また、医師や看護師など、他職種と常に連携をとり、安全で効果的にリハビリを実施し、早期自宅退院ができるよう支援しております。

  • 毎朝の合同カンファレンス
    【毎朝の合同カンファレンス】
  • 看護師との連携
    【看護師との連携】
  • 良質な医療を提供するには、コミュニケーションはかかせません
    【良質な医療を提供するには、コミュニケーションはかかせません】
  • 大腿骨近位部骨折プロトコール
    (※クリックで拡大表示)
  • 治療戦略(骨接合術)
    *GHC社分析による(※クリックで拡大表示)

多様な対象疾患と治療成績

当部門では、年間のべ1100名程の患者さんのリハビリテーションを実施しています。

主な疾患は、高齢者の骨折に加え、脊椎手術後・人工関節術後や関節鏡術後などです。

救命救急センターからは、多様な外傷による整形外科疾患の入院があり、その後のリハビリテーションも実施しています。

  • 2016年度疾患別件数実績
  • 高齢者のリハビリ風景の写真
  • リハビリ風景の写真
  • 大腿骨近位部骨折患者の推移
    (※クリックで拡大表示)
  • リハビリ風景の写真
    【リハビリの様子】
  • 平成28年度大腿骨近位部骨折治療成績
    (※クリックで拡大表示)

外来リハビリテーション

外来リハは、整形外科医の指示のもとリハビリテーションを実施しています。主に骨折・手術後の患者さんや、保存療法(肩関節周囲炎、変形性膝関節症)のリハビリテーションを提供しています。手外科専門医指導のもと、ハンドセラピィも実施しています。

  • 手外科専門医指導のもと、ハンドセラピィを実施しています。
  • リハビリ風景の写真
  • 橈骨遠位端骨折プロトコール
    (※クリックで拡大表示)

ページ先頭へ