スポーツリハ

  • コンセプト
  • スポーツリハ科
  • 脳卒中・脳神経リハ科
  • 整形外科リハ科
  • 内部疾患リハ科
  • 回復期リハ科
  • 救急リハ科
  • 訪問リハ科
  • 通所
  • 相澤東病院リハビリテーション

スポーツリハ科の取り組み

スポーツリハ科ではスポーツ疾患の診断・治療のみならず、障害を予防するための運動指導を実施しています。保険診療以外に、メディカルチェックも実施しており障害の再発や障害予防に成果をあげています。スポーツ専門医とスポーツ専属の理学療法士、トレーナー、科学スタッフがそれぞれの分野から選手をサポートします。対象は小学生から高校生までの成長期のスポーツ選手を中心に全国大会やオリンピック選手まで幅広くサポートしています。

スポーツ疾患の診断と治療

スポーツ選手の1日でも早い復帰をサポートします。

スポーツ疾患の治療コンセプト

スポーツ疾患の治療コンセプト

スポーツ障害の治療は、大きく分けると保存的治療と手術的治療に分かれます。保存的治療は、薬による治療、注射による治療、リハビリテーションによる治療などであり、手術的治療は、⽂字通り、外科的手術を行い損傷した組織を修復する治療となります。手術的治療を行った後にもリハビリテーションは重要な治療要素となります。つまり、手術的治療というのは、スポーツ障害の治療における選択肢の1つであり、手術だけが良ければすべて上手くいくということではないことになります。当センターの治療は、保存的治療、手術的治療後ともに重要となるリハビリテーションに重きをおいています。
多い疾患である野球選手の肘痛・肩痛を例にして、治療コンセプトを説明します。
野球選手に生じる肘痛、肩痛は、小学生ぐらいから始まり、プロ選手にいたるまでのすべての年齢帯で生じる可能性のある障害です。この障害は基本的には、痛みの出ている肘や肩が悪く症状が出ているのではなく、肘や肩に無理が掛かって痛みがでることが多く⾒受けられます。従って、投球動作における体全体の動きを確認し、肩・肘に無理をかけている運動動作をしっかりと改善することが重要となります。休養により、⼀時的に痛みが取れたとしても、肘、肩に無理をかけ続ければ、いずれ肘、肩そのものが本当に壊れてしまい、手術を余儀無くされる可能性が生じてしまいます。小学校高学年から中学校にかけては、成⻑期特有の問題が生じます。まだ成熟していない骨に投球によるストレスがかかることで、骨の損傷が生じます。その代表が、肘関節における離断性骨軟骨炎(図参照)、肩関節における上腕骨近位骨端線損傷(リトルリーガー肩)になります。成⻑期が終わり、⾝体が成熟した以降は、骨の損傷よりも軟部組織(靱帯や腱など)の問題が生じやすくなります。肘関節の内側側副靱帯損傷、肩関節の肩関節唇損傷などがその代表となります。これら疾患は、”投球障害”という表現のもと、投球動作にともない肘関節、肩関節に無理がかかったために生じる障害として治療が⾏われます。
投球障害に対する治療として、保存的治療であるリハビリテーションは重要な意味を持ちます。投球障害にも手術的治療が必要な場合も存在します。しかし,骨折などで早急な治療が必要でないかぎり、必ず3ヵ月から6ヵ月の保存的治療が推奨されています。

スポーツ疾患の診断からリハビリテーション

投球障害で来院した場合、まずスポーツ専門医による評価を行います。痛みのある肘関節、肩関節のみならず、全身のバランス、重心移動などを評価し、股関節を含む体幹機能の評価を行います。そして、痛みのある部位のレントゲン写真を撮影し、必要あればMRIなどの画像検査を行います。その診察に基づき、治療⽅針が立てられ、それに従いスポーツ専属の理学療法士によるリハビリテーションが行われます。
リハビリテーションによる治療は、関節の柔軟性を改善すること、張りが強くなりすぎている筋の緊張を徒手的に緩和することからはじまり、それを維持するためのセルフエクササイズ指導へとつながります。全身の動きが良くなれば、引き続き、バランスの補正、重⼼移動の補正、体幹筋力の強化など機能的改善を目指すためのエクササイズを指導していきます。
そして、基本的な動作がほぼできるようになった時点で、実際の投球動作に問題があるかをチェックしながら最終治療に入ります。症状が改善し、スポーツ現場に復帰した後も症状の再発がないか経過観察を行います。

リハビリテーションの実際

関節柔軟性の改善

関節柔軟性の改善

この治療場面は股関節の柔軟性を改善させています。筋肉と筋肉の間を圧迫しながら脚を動かす事で、筋肉の動きやこわばりを改善させます。
この治療によって、関節の柔軟性が高まり、痛みの改善につなげていきます。
体幹機能の改善

体幹機能の改善

このエクササイズは、体幹筋と股関節前面の筋肉を使い、身体を安定させる運動です。基本的な動きが改善しない(片脚バランスが真っ直ぐにならない、ランジ動作がグラグラしてしまうなど)選手に対して補助的なメニューとして実施します。このようなエクササイズを様々な方法で実施する事で基本的な動きを改善させ、プレー中の関節や筋肉の局所的な負担減少につなげていきます。
基本的な動きの改善

基本的な動きの改善

この3つの動き(片脚立ち、スクワット、ランジ動作)は、スポーツに必要な基本的な動きです。
多くの競技は、この3つの動きに類似した状態でプレーを行っています。そのため、この3つの動きが正確に出来ないとプレー中に関節や筋肉に偏った負担が生じてしまい、その負担の蓄積で痛みが発生してしまいます。
関節の柔軟性や体幹機能を改善させながら基本的な動きが正確に出来るよう繰り返しチェックしています。
お問い合わせ先相澤病院 スポーツリハ科
TEL 0263-33-8600(内線1603)
担当 岩谷(いわや スポーツリハ科 主任理学療法士)

以下は保険外サービスになります。料金は医療保険ではなく、自費でのサービスとなりますので、詳細は問い合わせ先へご連絡ください。

メディカルチェック

ケガの予防やパフォーマンス向上など皆様のスポーツライフをサポートします。

メディカルチェックとは

トップアスリートからスポーツ愛好家まで、幅広い方を対象にメディカルチェックを行っております。基本的な身体の使い方に問題がある場合、何らかの痛みが出てしまったり、練習をしていてもパフォーマンスが上がりにくくなる可能性は少なくありません。そのためそれらの痛みやパフォーマンス低下の要因に対して、独自のチェック方法により身体の軸・体幹機能・柔軟性の評価を行い、専門の医師・理学療法士・トレーナーが問題点を探し根本的な解決方法を提供致します。

対象
スポーツを行っている小学生から成人、中高齢の方々まで年代は問いません。個人で受ける場合とチームで受ける場合とがあります。
原則とし、現在は痛みが無くスポーツ活動をされている方が対象となりますが、時々痛くなるが普段は痛みが無い、という方でも対象となります。
内容

問診表を記入し、身体の軸・体幹機能・柔軟性を一人一人チェックします。その後、理学療法士により、マッサージやストレッチ、自宅でも行えるトレーニング方法の指導を致します。

メディカルチェック
料金
個人でうける場合対象 基本料金 1,000円/10分間
※かかる時間により料金が変わります。事前にご相談下さい。
場所 相澤病院にて行います。
チームでうける場合対象 中学生・高校生:2,500円(料金は一人当たりの金額)
大学生・社会人:5,000円~(事前にご相談下さい)
場所 相澤病院、練習会場、学校などご要望に合わせます。
※相澤病院外での実施の際には、派遣費用と交通費が発生致しますので、事前にご相談下さい。
派遣費用・交通費は下記をご参照下さい。
定期フォロー 理学療法士による定期的なコンディショニング指導をチームに訪問して行います。
一回半日(2~3時間程度)で費用は15,000円
※料金は時間により変更となる場合がございます。
派遣費用と交通費、宿泊費について
相澤病院以外で行うメディカルチェックには派遣費用と交通費、場合によっては宿泊費がかかります。また、定期フォローには交通費のみが発生致します。
不明な点等は事前にご相談下さい。
派遣費用 医師1名 30,000円
理学療法士1名 15,000円
※ともに半日の料金で時間により変更となる場合がございます。
交通費 自家用車 21円/km、有料道路代金は実費
鉄道は普通車実費
航空機はエコノミークラス実費
※車を利用する場合片道1時間以上かかる場合は高速道路代金が必要となります。
宿泊費 県外等の遠方で、宿泊が必要な場合には、スタッフ人数分の実費を頂きます。
その他
メディカルチェックはすべて自費となります。医療保険は使えませんので、事前にご了承下さい。
また、チームでうける場合はメディカルチェック後に定期フォローとして理学療法士によるコンディショニング指導を定期的に利用されると効果が上がりやすいのでおすすめ致します。
ご不明な点ご質問等ございましたら、下記お問い合わせまでお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせ先相澤病院 スポーツリハ科
TEL 0263-33-8600(内線1603)
担当 岩谷(いわや スポーツリハ科 主任理学療法士)

トレーニングサポート

アスリートのフィットネスレベルの向上をサポートします。

戦略的思考にもとづいたトレーニングサポート

爆発的パワーの向上
競技スポーツでは、短時間でしかも高速で体重心を垂直・水平方向へ移動させ、また身体部位やラケット、ボールetcを加速させるなど、爆発的に力を発揮することが要求されます。この能力は「爆発的パワー」と言い、1cmの跳躍高、0.01秒の移動能力などに影響し、競技スポーツでは勝敗を決定づける極めて重要な要素になります。
また持久系スポーツにおいてもランニングエコノミーが向上し、パフォーマンスアップに貢献してくれます。
爆発的パワーは「最大筋力」と「力の立ち上がり率」、「高速度領域での力発揮」、「筋の伸長-短縮サイクル」などを向上させることによって開発されます。
効率の良い動作の習得
トレーニングによって爆発的パワーが向上しても、それがスポーツ動作へ転移、転化されるとは限りません。並行してスキル(技術)練習を行う事が大切です。しかしその練習の動作精度が低いと力の伝動効率が低下してしまい、結果筋力トレーニングによって獲得された爆発的パワーを活用するまでに至りません。
そこでスポーツスキルに内在している、または構成している基本動作を切り取りそれらの動作精度を上げ、目標とする動作へ最適化する作業が必要となります。
動作精度の向上は「パワーポジションの形成」、「動作局面での適切なポジション」、「動的重心バランス」、「体軸の傾き」、「力の伝達方向」、「合理的なステップワーク」などを階層的、段階的、漸進的に習熟することによって効率の良い動作が獲得されます。
モビリティーの拡大
ストレッチの重要性は誰もが知っていることですが、柔軟性があってもスポーツパフォーマンスに役に立つかどうかは別問題です。なぜならスポーツには機能性を備えた可動性(モビリティー)が必要だからです。
モビリティーの拡大は、筋力トレーニングと同様に大変重要な要素となります。
コーディネーション能力の開発
コーディネーショントレーニングとは、運動中の体重心・四肢の位置関係の認知能力や状況に合わせて適切な姿勢を取る能力、合図などに対して素早く反応する能力、状況に応じて適切に対応する変換能力、動作を無駄なくスムーズに行う能力、力を効率よく伝える能力、減速→ストップ→切り返しなどの動作変換時の動的バランス能力などのことを言います。(*ここでは広義にコーディネーション能力と総称します。)
スポーツは様々な状況に応じて巧みに素早く正確に身体を操作することが要求され、それがパフォーマンスに大きく影響します。
筋力トレーニングとモビリティーの拡大、動作精度を向上することと並行して目的とする動作を反復したり、類似動作を多面的、多様な方法でアプローチしたり、固定化されていない状況下や予測範囲外の外的刺激に対して正確にしかもスピーディーに対応したりすることで目的とする動作が向上し、動作の幅が広がり応用動作へと発展します。そして高い動作精度は力の伝導効率を増大させ、より力強くよりスピードのある動作へと展開させることが可能になります。
持久力の拡大
持久力が要求されるスポーツは持久系スポーツと非持久系スポーツに大別され、競技種目やポジションよって要求される持久力特性が異なります。
例えば持久系スポーツでは最大酸素摂取量や無酸素性作業域値を含む最大下運動域の持久能力が要求されます。
一方で非持久系スポーツでは間欠的スプリント持久力が主要形態となり、質の高いスプリントを繰り返すために素早いエネルギー再生能力と回復能力が要求されます。ストップ&ゴーや切り返し動作の多い球技系スポーツでは筋力レベルが低いとそれが疲労原因となりスタミナが削られパフォーマンスが低下してしまいます。
持久力の向上は、それぞれのスポーツの特性を考慮して開発することが重要となります。
トレーニングのプランニング
トレーニング効果を最大限に高めるためには、トレーニングの原理・原則に基づいて、また系統的に体系化されている事が重要です。エクササイズを断片的・無秩序に並べていたのでは効果は上がりません。またトレーニング効果は「形成・発達—維持・安定」の段階を繰り返し獲得され、漸増的、階層的、段階的、波線的に過負荷と回復を繰り返す事で形成されます。時には即時効果として出現する事もありますが、大半は時間の掛かる遅延的、累積的効果によってもたらされます。従ってトレーニングは運動生理学的知見、バイオメカニクス的知見、コーチング論的知見、トレーニング指導者の経験値、アスリートを取り巻く様々な環境などをもとに計画的に進めて行かなければなりません。

サポート内容

チームサポート
チームのフィットネスレベルやパフォーマンスレベル、成長段階、トレーニング環境、社会的環境などに応じて戦略的にプランを作成します。
短期、中・長期的に計画したプランをもとにPDCAサイクルを繰り返しながらフィットネスレベルを向上します。
トレーニング効果を最大にする為のエクササイズスキルを指導します。
パフォーマンスUPに関する有益な情報を提供します。
トレーニング環境や練習環境など、様々なチーム事情に合わせて単年・複数年間に渡るシステム運用などについてコンサルティングします。
トレーニングサポート料 20,000~30,000円/1回(2時間)
*サポート内容、年間サポート回数及び派遣地、サポート対象によって異なります。※要相談
《サポート例》
  • 通年サポート:(a.1~2回/週/年 b.2~3回)
  • 1回から複数回の集中的サポート
  • 合宿帯同サポート
旅費・交通費 *交通費規定に準ずる
交通費:21円/km×距離(往復)
有料道路・高速道路 実費(区間往復)
コンサルティング料 50,000円~
*2年以上の複数年間の通年サポート契約の場合は初回年度のみ、単年契約の場合は1年ごとに掛かります。
パーソナルサポート

プロ・企業チームに所属するアスリート向け
学生アスリート・スポーツ愛好家向け

お問い合わせ先相澤病院 スポーツリハ科
TEL 0263-33-8600(内線1603)
担当 繁田(日本トレーニング指導者協会 特別上級トレーニング指導者)

科学サポート

科学的分析からアスリートのパフォーマンス向上をサポートします。

競技現場にとって意味のある科学サポートの実施を行うことを基本方針として活動しています。「意味のある」というのは、ただデータ収集のみ行う、高価な機器を使用する、といったことではなく、選手のパフォーマンス向上に直結するかどうか、ということです。 競技現場で今起きていること、を簡易的なツールを用いてシンプルに表現し、パフォーマンス向上のための気づきをコーチや選手に与えるような活動を行っていることが特徴といえます。
特徴的に実施している活動として、2例紹介します。

パフォーマンス評価(乳酸カーブテスト、レースペース分析)

乳酸カーブテスト

体力測定を実施していますが、その中の乳酸カーブテストでは、自転車エルゴメーターでの漸増負荷試験により血中乳酸濃度や心拍数の値の算出し、トレーニング強度の指標(乳酸性作業閾値)の提供を行っています。
この測定を行うことにより、トレーニング目的に応じた選手毎の適切なトレーニング強度設定を知ることができます。
我々は、運動選手のみでなく、スポーツ愛好家の効率的な運動強度を設定にも非常に有効と考えています。

  • 乳酸カーブテスト
  • 乳酸カーブテストグラフ
レース分析
記録系種目(陸上競技、競泳、スピードスケート等)の競技会でのレースペース分析を行っています。任意に定めた区間毎の平均速度を算出することにより、どの局面が得意なのか苦手なのか、グラフ上で明確になります。またライバル選手との比較を行うことにより、記録のみではなく勝負のための局面を知ることに繋がります。

映像ファイル管理(即時フィードバック、動作分析)

即時フィードバック

即時フィードバック

試合やトレーニングの場面で動画撮影を行うことは、10年前と違って今は当たり前のこととなっています。しかし、ただ単に撮って記録した映像ファイルを観る、という一連の流れはシンプルであるがゆえに、「撮って観る」という行動を効率良くかつ効果的に行うことは難しいといえます。当センターではiPadを複数個活用し、一度に大勢の選手が、当日撮影した動画ファイルをいつでも自分のタイミングで視聴できるようなシステムを構築して、提供しています。このシステムは撮影者の手を煩わせませんので、カメラで映像撮影を行いながら、同時にその隣でコーチや選手が当日撮影した映像ファイルを視聴することができます。
動作分析
競技現場で役に立つレベルの動作分析を行うための手段はいくつもあり、それらの多くは実に簡易的に実施することができます。直感的にコーチ・選手が動作分析された情報から「気づき」を感じることができれば十分といえます。当センターでよく行う方法は、同じある動作に対して過去ファイルと現在ファイルを比較するというものです。日々の微細な変化を映像ファイルなく気が付くのは至難の業です。映像をただ単純に比較して並べるだけで、「気づき」を得られる可能性が高くなります。
お問い合わせ先相澤病院 スポーツリハ科
TEL 0263-33-8600(内線1603)
担当 紅楳 (日本オリンピック委員会 専任情報・科学スタッフ)

栄養サポート

栄養面からアスリートのパフォーマンス向上をサポートします。

スポーツ栄養とは

スポーツ栄養とは

スポーツを行う場合の食事には、コンディショニング・競技能力を発揮する・怪我や故障予防や改善などの役割があります。
そのためにスポーツ栄養学を用いて、運動やスポーツに必要な栄養を身体活動の状況に応じてタイミングや量を考えて摂取することを、スポーツ栄養といいます。対象は、競技選手だけではなく、部活やクラブ活動を行う小中学生・高校生、健康づくりやメタボリックシンドロームの予防のために運動をしている方など、子供から高齢者まで全ての人です。

栄養サポートの内容

個々の目的・性別・年齢・体格・運動量などによって、必要な栄養素や摂取のタイミングが異なってきますので、個々に対応したサポートをします。
サポート内容は、集団に向けた講義や、個別の指導(身体計測、食事摂取量調査)など、要望に応じた内容・期間で行います。講義では、各栄養素のはたらきや、食事のバランスの摂り方、食べるタイミングなどを説明します。個別指導では、1人1人の普段の食事を確認し、不足している栄養素や改善方法などを相談します。

スポーツの年間プログラムと栄養サポートの例

若年のうちから栄養教育を行うことで、自己管理能力を養い、競技力の向上・けがの予防のみでなく、その後の人生において生活習慣病の発症予防などにも役立ちます。

お問い合わせ先相澤病院 栄養科
TEL 0263-39-2251(栄養科直通)
担当 矢野目 北村

ページ先頭へ