脳卒中・脳神経リハ科

  • コンセプト
  • 脳卒中・脳神経リハ科
  • 整形外科リハ科
  • 内部疾患リハ科
  • 回復期リハ科
  • 救急リハ科
  • 訪問リハ科
  • 通所
  • 相澤東病院リハビリテーション

脳卒中・脳神経リハビリテーションの取り組み

脳卒中急性期リハビリテーション

SCU(脳卒中ケアユニット)からの早期支援

当院のSCUには専任のPT(理学療法士)・OT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)を配置し、医師・看護師と密な連携を図ることで、患者さんが安心して早期に退院できるよう急性期からチームアプローチを実践しています。

また当院の離床開始基準を基に厳重なリスク管理を行い、入院後の廃用障害や合併症を最小限に抑え、望ましい機能回復を図るための早期リハビリテーションを提供しています。

高密度・高頻度なリハビリテーションプログラムの提供

当院では脳卒中発症後の急性期リハビリテーションを、入院当日もしくは翌日から開始し、退院まで365日体制で、可能な限り高頻度のリハビリテーションプログラムを提供しています。また、早期のセルフケア能力(日常生活動作・歩行・嚥下)の獲得を目指し、当院のリハプロトコールに沿い可及的早期から起立・歩行練習等を積極的に実施しています。

 治療的電気刺激や装具療法、体重免荷トレッドミルトレーニング、Gait Judge system®を用いた歩行分析等を活用し、脳卒中後の神経症状に対して神経リハビリテーションの理論を基盤としたプログラムを早期から提供しています。

多職種介入によるチームアプローチ

脳卒中発症後、早期から医師・看護師・薬剤師・栄養士・MSW・PT・OT・STなどの多職種が介入し、それぞれの専門性を発揮することで早期の在宅復帰・社会復帰を目指しています。また定期カンファレンスでは患者さんの生活背景に合わせた目標設定を行い、1人1人に応じた治療計画を立案しています。

高次脳機能障害に対する認知リハビリテーション

脳卒中や頭部外傷により高次脳機能障害を呈した患者さんに対しては、OTとSTが中心に評価を行い、効果的な認知リハビリテーションを提供することで早期の社会復帰を支援しています。また地域の就労支援ワーカーとの連携や、失語症患者さんとの「友の会」も開催し、地域の患者さんたちへの支援も行っています。

  • 高次脳機能検査バッテリーを並べたカット

地域連携の強化

当院では脳卒中の地域連携パスを使用し、地域連携にも力を注いでいます。

当院での急性期リハビリテーション終了後、当院以外の医療機関で、引き続き加療をご希望される患者さんへは、地域連携診療計画書を用いて、他の医療機関にて継続的な治療とリハビリテーションを受けていただいています。

神経難病のリハビリテーション

パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経難病の患者さんに対して、在宅復帰を目標としたリハビリテーションを提供しています。

また適切な機器の選択、在宅でのサービス調整等も医師・看護師・メディカルソーシャルワーカーらと協働して行っています。

ページ先頭へ