回復期リハ科

  • コンセプト
  • スポーツリハ科
  • 脳卒中・脳神経リハ科
  • 整形外科リハ科
  • 内部疾患リハ科
  • 回復期リハ科
  • 救急リハ科
  • 訪問リハ科
  • 通所
  • 相澤東病院リハビリテーション

回復期リハビリテーションの取り組み

回復期リハビリテーション病棟とは?

回復期リハビリテーション病棟は、入院することができる患者の条件や入院期間が定められています。医学的なリハビリテーションを集中的に行うための病棟であり、リハビリテーションの提供体制及び病棟の環境が一定の基準を満たしていることも要件として求められています。

対象患者回復期リハ病棟での入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷などの発症後若しくは手術後、又は義肢装着訓練を要する状態 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の者 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 90日

当院回復期リハビリテーション病棟の特徴

急性期病院内に併設されている回復期リハビリテーション病棟(50床)という環境を活かし、発症後(手術後)の患者は速やかに回復期リハビリテーション病棟に引き継がれます。あらゆる疾患に対してチーム医療による集中的かつ包括的なリハビリテーションを施行し、最短距離で最大限の回復を図ります。また、同法人の地域在宅医療支援センターと連携し、安心・安全な在宅生活の再構築を支援します。

回復期リハビリテーション病棟入棟から退院までの流れ

脳卒中リハビリテーション

予防医学や脳卒中急性期治療の進歩により、脳卒中による日本人の死亡率は、がん、心疾患、肺炎に次ぐ第4位まで低下してきています。しかし、中枢神経系の損傷は、運動障害や高次脳機能障害など様々な機能障害を生じさせ、日常生活活動や生活の質を低下させます。実際、脳卒中後に歩行が自立に至る割合は60%程度、上肢が実用手まで回復する割合は15~20%程度といわれております。
脳卒中後の症状は多彩であり、必要とされる機能や日常生活は対象者により大きく異なります。そのため、対象者の身体的・精神的・社会的機能の多様性を念頭に、個人の価値観を重視したリハビリテーションを提供していきたいと考えています。一方、近年の神経リハビリテーションは脳機能画像等の飛躍的な進歩により、成熟脳においても損傷後の可塑性があることが明らかにされており、運動イメージ療法、筋電バイオフィードバック療法、電気刺激療法、ロボット療法などを積極的に活用して最大限の機能改善を目指していきます。

脳卒中後歩行障害に対するリハビリテーション

脳卒中発症前に歩行が自立していた方は、中等度以上の高次脳機能障害や非麻痺側の骨関節疾患がなければ歩行自立を目標とします。非麻痺側強化と非麻痺側立脚、早期からの下肢装具使用が有効であることを認識し、機能障害という制約の中でも、高い安定性があり、実用的なスピードがあり、歩容の異常が少ない歩行を目指します。

早期からの下肢運動量増加の取り組み

備品として下肢装具を数多く揃え、起立・歩行練習を積極的に行い、下肢運動量の確保に努めています。

脳卒中後歩行障害に対するリハビリテーション

高頻度・高強度の課題特異的トレーニングの実施

歩行の再獲得に重要なのは、歩行運動という課題を反復することです。これまでの報告からも、高頻度の課題特異的トレーニングが推奨されており、当院でも体重免荷トレッドミル(BWSTT)や免荷式歩行器(POPO)を活用して高頻度トレーニングを実施しています。また、より高い効果を得るためには、できる限り高強度のトレーニングを行うことが重要であることから、適切な運動負荷量を設定しながらプログラムを立案していきます。

高頻度・高強度の課題特異的トレーニングの実施

歩行の効率性・対称性改善の取り組み

自力歩行が可能となった対象者に対し、本来のあるべき歩行パターンを学習していただくことを目的として、本田技研工業が開発した歩行支援ロボット「HONDA歩行アシスト」を活用しています。歩行運動の“適切さ”を直接、体感しながら指導できることが本機器の特徴です。

歩行の効率性・対称性改善の取り組み

筋電や関節角度を用いたバイオフィードバック療法

バイオフィードバック療法は、治療のプロセスを数値化されたデータとして客観的に示すことが可能です。これらは 、“気づき”、“自己調節の意識化”、“動機づけ”などに役立ちます。従来の治療と併用することで相乗効果も期待できます。

筋電や関節角度を用いたバイオフィードバック療法

歩行神経筋電気刺激装置(ウォークエイド)の活用

歩行神経筋電気刺激装置(ウォークエイド)の活用_01

歩行神経筋電気刺激装置(ウォークエイド)は、歩行周期に合わせて腓骨神経に電気刺激を与えることで足関節の背屈を補助し、中枢神経障害による下垂足・尖足患者の歩行を改善させます。

近年、脳卒中患者における中枢性下垂足に対する機能的電気刺激療法(FES)には、機能改善をもたらす治療効果“therapeutic effect”があることが注目されています。発症早期からFESを運動療法に併用することで、効果的な機能改善が図れると考え、積極的に電気刺激療法を活用しています。

歩行神経筋電気刺激装置(ウォークエイド)の活用_02

脳卒中後上肢障害に対するリハビリテーション

機能障害の程度に関係なく、その人の生活において“役立つ腕、役立つ手”にすることを目指します。そのために、徒手療法、運動イメージ療法、電気刺激療法、装具療法、ロボット療法などを病態・病期に即して、段階的に、もしくは併用しながらリハビリテーションを進めます。対象者にとって必要な実用的課題や活動を治療的に用いる課題指向型アプローチを実施します。

補助的手段の活用(電気刺激療法+装具療法)

補助的手段の活用(電気刺激療法+装具療法)

手関節や手指の随意性を補う目的で対象者の上肢機能に応じて電気刺激療法や装具療法を併用します。作業療法士が麻痺手の機能や日常生活上の使用状況を評価しながら、過剰な代償や筋疲労が生じない範囲で、速さ、高さ、物品の形状、回数などを設定します。具体的な課題は、対象者とともに検討し、目標を共有しながら設定していきます。

補助的手段の活用(電気刺激療法+装具療法など)

ロボット療法(ReoGo-J)

ロボット療法(ReoGo-J)

当院では、イスラエルのMotorika社製のReoGo™ therapy system(ReoGo™)をもとに、帝人ファーマが日本向けに開発したReoGo-Jを導入しております。介入時間が同等である場合、ロボット治療と通常のリハビリに効果の差はありませんが、通常のリハビリにロボット療法を追加して併用することで、より効果的な上肢機能の改善が得られると示されています。一方、ロボット療法は実生活における麻痺手の使用量の改善には寄与しないとも報告されており、ロボット療法で獲得した機能をどのように日常生活に結びつけていくかを作業療法士とともに取り組むことが重要となります。

高次脳機能障害に対するリハビリテーション

リバーミード行動記憶検査実施場面
リバーミード行動記憶検査実施場面

高次脳機能障害に対するリハビリテーションは、損傷した脳組織に対する機能再建と機能的再編成の2つの方法が知られています。機能再建は損傷神経回路に対する直接的刺激法であり、ボトムアップ手法とトップダウン制御があります。機能的再編成は新しい戦略を用いて代償的に対処していく方法であります。脳の機能回復に向けた可塑性に富む回復期といわれる時期に直接的刺激法と代償法的戦略をバランス良く組み合わせることが重要で、それにより治療効果を高めることができると考えています。当院でも臨床症状に加え、画像所見をもとに高次脳機能障害の存在を推察し、標準化された神経心理学的検査を実施して障害の要点及び残存機能を明らかにしながら治療計画を立案していきます。

半側空間無視改善のための評価・リハビリテーションツール(@ATTENTION)

半側空間無視改善のための評価・リハビリテーションツール(@ATTENTION)

半側空間無視をはじめとする注意ネットワーク障害の客観的評価および症状改善のための介入手段を提供するPCベースのリハビリテーションツール“@Attention”を活用しています。
本システムによる結果と脳画像の相互参照により、視覚認識から空間統合、運動実行に至るどのレベルで病態が発現しているのかを推察すること、さらにリハビリテーション介入による変化を定量的に評価することが可能となります。
失語症に対するリハビリテーション

言語の「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」の機能低下を呈す失語症の方に対し、有効なコミュニケーション手段の確立を図り、機能訓練・能力訓練を実施しています。また、退院後は外来・訪問リハビリを利用し、患者の社会復帰を目指した長期的フォローを行っています。さらに、当院独自の患者会『ほほえみの会』への参加を促し、「患者の社会参加の場」、「家族同士の相談の場」を提供しています。

高次脳機能障害を有する運転免許保有者の運転再開に対するリハビリテーション

脳卒中後の職場復帰や生活の質の向上を図るうえで、自動車運転の再開を望む方は多く、そのための医療者のかかわりは重要となります。特に脳卒中・頭部外傷者が自動車運転を再開する際には、包括的自動車運転評価が重要視されており、その内容は、疾病の評価、身体機能評価、高次脳機能評価、ドライビングシミュレーター評価、教習所での実車評価から構成されております。当院では、運転免許センター又は警察署において安全運転相談窓口(旧運転適性相談窓口)を受診後、診断書の提出を求められた方を対象として、これらの包括的自動車運転評価を実施して運転適性について総合的に判断させて頂きます。


  • 病院での神経心理学的検査の場面

  • 病院での神経心理学的検査の場面

当院ではKM式安全運転助言検査をもとに修正された簡易自動車運転シミュレーター(SiDS)を導入して運転適性判断の一助としています。病気や交通事故などにより、高次脳機能障害を発生した運転免許保有者の運転再開可否の診断を支援するための検査システムで、認知反応検査、タイミング検査、走行検査、注意配分検査で構成されています。

簡易自動車運転シミュレーター実施場面

業務提携している指定教習所(場内教習コース)

実車評価

高次脳機能障害者への就労支援について

医療機関では医療制度改革により分断された医学的リハビリテーションにより、発症から在宅復帰を経て就労までの一貫した支援が難しい状況にあり、就労支援のノウハウの蓄積や専門性の不十分さが課題となっています。当院は、同一法人内に急性期・回復期・生活期というすべての領域を有しており、一貫した支援体制を構築することが可能であります。必要な対象者には就労を目標として掲げるとともに、地域の保険・福祉・就労支援施設などと連携しながら就労支援を行っています。

摂食嚥下リハビリテーション

摂食嚥下リハビリテーション

脳卒中後(仮性球麻痺・Wallenberg症候群等)の摂食嚥下障害患者に対し嚥下造影検査(VF検査)や嚥下内視鏡検査(VE検査)を専門医のもと実施しています。また、口腔ケアや口腔エクササイズ、適切な食事条件の検討といった基本的な嚥下リハビリに加え、神経筋刺激装置Vital Stimによる電気刺激治療、s-EMGを使用したバイオフィードバック治療も実施しています。

家族指導

日常生活動作と手段的日常生活動作

社会復帰等を指向したリハビリテーションの実施を促すため、必要な対象者に対しては医療機関外でのリハビリテーション計画立案し実施しています。

病棟での生活動作から自宅生活での動作獲得を目指す


家事動作練習場面

病棟生活の生活動作の自立はもちろん、より早期の自宅退院を目指すうえで不可欠となる手段的日常生活動作の練習を積極的に行っています。

  • 床上動作・入浴動作などの応用動作練習の実施。
  • 調理や掃除、洗濯等のIADL練習。
  • 金銭管理や公共機関の利用など、医療機関外での練習。


職場までの通勤ルートの歩行(ウォークエイド装着)を評価・練習

運動器リハビリテーション

高齢化が進み、運動器疾患が原因で要介護状態に至る割合は増加傾向にあります。特に骨粗鬆症に伴う脆弱性骨折(大腿骨頚部/転子部骨折、脊椎骨折、上腕骨近位端骨折、橈骨遠位端骨折など)や変形性関節症による人工関節置換術後のリハビリテーションは回復期リハビリテーション病棟において重要な疾患です。その多くは高齢者であることから、整形外科医を中心とした専門職種からなるチームにより共同管理を行うことが重要です。また、当院は地域特性上、山岳事故や交通外傷等による多発外傷による入院患者が多いことから、回復期リハビリテーション病棟には若年の高エネルギー外傷患者も多く、早期の社会復帰を目指して集中的なリハビリテーションを実施しております。

物理療法機器の活用

物理療法はセラピストが実施可能な重要な治療介入の一手段です。人工膝関節置換術後の電気刺激療法は、単なる筋萎縮予防としてだけではなく、電気刺激の感覚入力による中枢神経の活性化や運動機能低下に効果的であると報告されており、術後の運動制御の改善を目的に電気刺激療法を積極的に活用しています。また、物理療法は急性痛に対してもエビデンスレベルが高いことが示されており、疼痛の原因となる病態を把握し、適切な物理療法を選択のうえ運動療法との併用をしております。

二次骨折予防の取り組み

骨こつシート
(※クリックで拡大表示)

骨粗鬆症性骨折後は再骨折のリスクが高く“骨折が切迫した状態”といわれています。初発骨折後1年後の再骨折リスクは、骨折のない集団と比べ2.7倍、10年後でも1.4倍と高い状態が維持されることが報告されており、二次骨折予防の取り組みは重要です。当院では大腿骨頚部/転子部骨折患者に対して、二次骨折予防の取り組みを行っております。具体的には、治療対象者を病棟回診にて抽出し、医師から本人・家族へ骨粗鬆症治療の必要性について説明を行います。治療は退院後の外来で開始となりますが、入院中に歯科口腔外科を受診して治療開始前に口腔内の評価・治療を実施して頂きます。また、管理栄養士による栄養指導、リハセラピストによる運動機能スクリーニングや認知機能検査を実施して患者・家族、退院後の医療介護従事者へ報告書(骨こつシート)を作成してお渡し致します。


治療開始までのプロセス

リハビリテーション栄養に対する取り組み

リハビリテーションを行っている方の多くに低栄養やサルコペニアを認めることが明らかとなっています。低栄養は日常生活動作や摂食嚥下機能の回復に影響を及ぼします。一方、栄養状態が改善した患者においては日常生活動作が向上することが報告されています。この事実からもリハビリ内容を考慮した栄養管理、栄養状態に配慮したリハビリの実践が求められています。回復期リハビリテーション病棟では、多職種が集まり週1回の栄養カンファレンスを開催して栄養状態の維持・改善に努めています。

体組成分析装置(InBody S10)の活用

体組成分析装置(InBody S10)の活用

栄養評価の基本は、身長、体重、年齢、性別より算出するBMIや基礎代謝量の推定です。また、体重の増減やBMI、四肢周囲長などを用いて低栄養か否かの推定が可能です。これらの評価の重要性はいうまでもありませんが、骨格筋量の減少と筋力の低下との関連は体重とは無関係であります。体組成分析装置では、骨格筋量や脂肪量の直接的な評価が可能であり、従来の栄養評価の欠点を補うことができます。当院回復期リハビリテーション病棟でも必要な対象者には体組成分析装置を用いて病態管理に活用しております。

運営実績

運営指標
主要項目2017年度実績月平均
(2017年4月~2018年3月)
2018年度実績月平均
(2018年4月~2019年3月)
2019年度実績月平均
(2019年4月~2020年3月)
新入院数(人) 43.3 37.8 39.5
病床利用率(%) 92.3 95.3 94.0
在院日数(日) 34.3 39.5 37.3
在宅復帰率(%) 85.2 92.7 96.3
重症患者率(%) 35.7 34.6 37.6
重症患者の4点以上改善率(%) 74.9 82.6 89.0
リハビリ提供量(休日) 6.6 6.3 6.2
リハビリ提供量(休日以外) 6.6 6.4 6.2
実績指数 99.7 95.6 88.0

ページ先頭へ